車旅 in 南アメリカ

南米でバンを購入!6ヶ月でチリ、ボリビア、ペルー、アルゼンチンを車中泊しながら巡った旅の記録です。

【番外編】ブラジルに入国できなかった話(1)

今回は番外編です。

番外編といっても南米旅行の一部なのですが、わたし、ブラジルに入国できませんでした(笑)

(2018年1月)

f:id:sumirett:20180310231554j:plain


チリ、ボリビア、ペルー、アルゼンチンを回るバンの旅を終え、せっかくだからどこかへ立ち寄ろうということになり、ブラジル/リオデジャネイロをターゲットにしました。

彼が2人分のチケットを取り、10日間の Airbnb も予約し、飛行機でリオデジャネイロの国際空港に到着しました。いつもの通り入国審査の長い列に並び、彼が先に、そしてわたしの番が来ました。

今まで旅行した国で、面倒なことを聞かれたり、止められたりしたことなどなかったので、やっぱり日本のパスポートはちょっとお得なのかな~なんて思ったこともありました。

しかし今回は窓口の人がパスポートをパラパラ・・・ 何度もパラパラ・・・何かを探している様子です。

 

「ビザはどこ?」

 

「・・・・・。」

 

頭の中一瞬真っ白になりました。

 

でも次の瞬間、あービザがいる国だったのか。と理解し「どこでビザを取ればいいのですか?」と普通に質問。というのも、入国の時にビザを取得できる国も今までにあったので。

 

「ブラジルでは取れません。チリから来たんですね。ではチリでビザを取るしかありません。」

 

「・・・・・。」

 

今度こそ本当に真っ白でした。真っ白というか、なんかぐるぐるしました(笑)審査を通り抜けて待っていた彼が、どうしたの?と戻ってきたので状況を話します。そして窓口の人の説明で、ビザが必要なのは日本国籍保持者でヨーロッパ国籍の人は不要ということが分かりました。(彼はフランス人なので・・・)

 

そして窓口では何もできることはないから、とポリスがやって来て端のほうに連れて行かれ(泣)本当にやってしまった・・・という感じでした。こんな大事な情報を確認せずスルーしてしまったのは初めてだし、なんと基本的なことを・・・と自分にショックでした。

ポリスにあれこれ話してみましたが「チリに戻る」しか選択肢はなく、利用した航空会社の次の便で半ば強制的にチリ/サンティアゴに帰されることに。あまり時間がなく、ポリスに “入国拒否” の書類にサインをさせられ、既に降ろされてしまった荷物だけ彼にピックアップしてきてもらい、このあとどうするかを話す間もなく搭乗口に連れて行かれたのでした TOT

 

ここから悪夢の一週間を一人サンティアゴで過ごすことになるとは、この時まだ知らず・・・

 

次回に続きます・・・!

 

 ネットで簡単☆24時間お申込みOK!
海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIU保険

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』