車旅 in 南アメリカ

南米でバンを購入!6ヶ月でチリ、ボリビア、ペルー、アルゼンチンを車中泊しながら巡った旅の記録です。

シカシカからエル・アルトを通ってラパスへ!

少年たちの町から抜け出し(笑)別の町で一泊した私たち、その後順調にラパスへの路を走ります。

 

途中、伝統織物のお店があるという情報を見て、シカシカ(Sica Sica)という町に寄ってみました ♪

結局お店は見つからなかったのですが、小さな市場に地元の人たちが集まり、かわいらしい雰囲気の町でした。

 

f:id:sumirett:20180911173622j:plain

f:id:sumirett:20180911173626j:plain

 

そしてひたすら北上し、最後の目的地ラパス(La Paz)に到着!

まずはすぐお隣のエル・アルト(El Alto)という街で、デリカのメンテナンスを。小さな修理屋さんでしたが、ギア切り替えトラブルの原因が車の内部パーツに関係していることが分かり、半日ほどかかって修理をしてもらいました。

ラパスの標高は約3600mほどあるのですが、このエル・アルトは更に標高が高く、すごい急斜面を下ってラパスの中心地に入って行きます。

 

この時見下ろしたラパスの夜景は、まさに宝石散りばめ状態!すごくきれいでした。

 

f:id:sumirett:20180911173638j:plain

 

が!やはりボリビア・・・夜景を楽しみながらドライブ ♪ と簡単には行きません(笑)

中心部に向かうピンカーブ続きの下り坂に車が連なっているのですが、カーブのところで上る人と下る人がお互い譲らない!双方が前に進み、後続の車もどんどん詰めてしまうため、前にも後ろにも動けず完全にスタック(笑)

ヤジが飛び、クラクションが鳴り響き、私たちは車の中で大笑い。

信号をつければいいのにと一瞬思いましたが、あっても同じだろうということにすぐ気が付きます(笑)

行く末を見守っていましたが、最終的に一台の車がこの道を諦めて路地に入り、なんとか車が動き出しました。私たちも彼らに習い、プップーとクラクションを鳴らしながらじりじりとカーブを曲がります。こうしないと上りの車がどんどん来て一生進めません!

 

市街地に入ると、あちこちに建てられたビルや、街の中に作られたロープウェーに驚かされます。

 

この日は iOverlander でマークしてあった、軍隊の施設の近く(少し安全)の普通の路上で車中泊です。

 

車を停めたすぐ近くに、みんなが家庭ゴミを捨てられる大きなゴミ箱があり、夜になると大きな袋を引きずったおばあさんがやってくるのが少し怖かったですが、近くにダンススクールやペットの専門学校?みたいなものもあり、これまでの街と比べるとだいぶ近代的な感じでした。

 

その日はボリビア料理の1つ、シルパンチョ(ご飯の上に薄いお肉と目玉焼きがのってます)を初めていただきました!すごくおいしかったのですが、このあと数日腹下し地獄に陥ります(笑)

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』