車旅 in 南アメリカ

南米でバンを購入!6ヶ月でチリ、ボリビア、ペルー、アルゼンチンを車中泊しながら巡った旅の記録です。

シカシカからエル・アルトを通ってラパスへ!

少年たちの町から抜け出し(笑)別の町で一泊した私たち、その後順調にラパスへの路を走ります。

 

途中、伝統織物のお店があるという情報を見て、シカシカ(Sica Sica)という町に寄ってみました ♪

結局お店は見つからなかったのですが、小さな市場に地元の人たちが集まり、かわいらしい雰囲気の町でした。

 

f:id:sumirett:20180911173622j:plain

f:id:sumirett:20180911173626j:plain

 

そしてひたすら北上し、最後の目的地ラパス(La Paz)に到着!

まずはすぐお隣のエル・アルト(El Alto)という街で、デリカのメンテナンスを。小さな修理屋さんでしたが、ギア切り替えトラブルの原因が車の内部パーツに関係していることが分かり、半日ほどかかって修理をしてもらいました。

ラパスの標高は約3600mほどあるのですが、このエル・アルトは更に標高が高く、すごい急斜面を下ってラパスの中心地に入って行きます。

 

この時見下ろしたラパスの夜景は、まさに宝石散りばめ状態!すごくきれいでした。

 

f:id:sumirett:20180911173638j:plain

 

が!やはりボリビア・・・夜景を楽しみながらドライブ ♪ と簡単には行きません(笑)

中心部に向かうピンカーブ続きの下り坂に車が連なっているのですが、カーブのところで上る人と下る人がお互い譲らない!双方が前に進み、後続の車もどんどん詰めてしまうため、前にも後ろにも動けず完全にスタック(笑)

ヤジが飛び、クラクションが鳴り響き、私たちは車の中で大笑い。

信号をつければいいのにと一瞬思いましたが、あっても同じだろうということにすぐ気が付きます(笑)

行く末を見守っていましたが、最終的に一台の車がこの道を諦めて路地に入り、なんとか車が動き出しました。私たちも彼らに習い、プップーとクラクションを鳴らしながらじりじりとカーブを曲がります。こうしないと上りの車がどんどん来て一生進めません!

 

市街地に入ると、あちこちに建てられたビルや、街の中に作られたロープウェーに驚かされます。

 

この日は iOverlander でマークしてあった、軍隊の施設の近く(少し安全)の普通の路上で車中泊です。

 

車を停めたすぐ近くに、みんなが家庭ゴミを捨てられる大きなゴミ箱があり、夜になると大きな袋を引きずったおばあさんがやってくるのが少し怖かったですが、近くにダンススクールやペットの専門学校?みたいなものもあり、これまでの街と比べるとだいぶ近代的な感じでした。

 

その日はボリビア料理の1つ、シルパンチョ(ご飯の上に薄いお肉と目玉焼きがのってます)を初めていただきました!すごくおいしかったのですが、このあと数日腹下し地獄に陥ります(笑)

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

フランス人の彼、少年たちの恐喝に合う

f:id:sumirett:20180918162627j:plain

 

ボリビア ラパスに向かう途中、突然デリカに異変が起き、急きょ小さな集落で地元のおじさんに助けてもらった私たち。

sumiretravel.hatenablog.com

 

もう辺りは真っ暗なので、今日はこのままここに泊まることにしました。『暗くなったら走らない』が私たちのルールです。

 

風を避けるため、すぐ近くにあった大きな体育館の脇に車を停め、夜ご飯の支度です。

彼は、中で少年たちがサッカーをしているのを見て、ちょっと見てくると体育館に入って行きました。

 

ご飯を作りながら中を覗いてみると、段になった長イスに座って試合を見ている彼。しかし次に見た時にはプレイに参加していました^^

こういう全然知らない小さな町で、飛び入りで一緒にスポーツを楽しむ!なんだかほほ笑ましいなぁ、旅の醍醐味だなぁ、なんて思っていました。

 

その後、ご飯が出来上がったので彼を呼びますが、なかなか戻ってきません。

何やらワイワイ話をしている様子・・・わたしは車を離れられないのでそのまま待っていると、やっと彼が戻ってきました。

 

 

「お金を取られた」と彼。

 

意味が分からず事情を聞くと、彼が抜けようとしたら、お金を払えと言われたとのこと。

参加メンバーで体育館の照明代をワリカンして払うことになっていたらしいのですが、明らかに言われた金額が高かったので「冗談だろ?!」的なセリフをスペイン語で言ったところ、それが間違った言い回しだったのか、何か気に障ったのか、彼らの態度が急に攻撃的になったらしいのです^^;

少年とは言えある程度の人数だったため、ちょっとまずいなと思った彼は、持っていた小銭を渡して何とか抜け出して来たようです。

 

せっかくいい国際交流だなぁなんて思っていたのに、まさかお金を要求されるとは・・・2人してとても残念な気分になりました。

 

夜ご飯はそのままそこで食べましたが、体育館から出ていく彼らがこっちを見ているのが見えました。

 

うーん。。。

話し合った結果、念には念を、とこの町を出ることにしました。

 

臨時でルールを破り、真っ暗な中、次の町まで車を走らせます・・・この国、いろいろ怖い!!

 

ボリビア最大の都市「ラパス」では、まだまだいろいろなことが起こります・・・!

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

デリカ、ギア切り替えに失敗して何かが焦げる

コチャバンバから北西へ約380km!ついにボリビア最後の都市となる「ラパス」を目指します。

 

f:id:sumirett:20180911154737j:plain

 

ぐねぐねとした山道をひたすら走り、やっとまっすぐな道路になったので、4WDで走っていたモードを2タイヤに戻します。

いつもなら走行したままギアを動かし、パネルのタイヤランプがしばらく点滅した後消えるのですが、今回点滅したまま消えません。もう一度ギアを4WDにしてみようとしますが、今度はギア自体が動きません。

「?」と思いながらも道路を走っていました。

 

すると、なんだかゴムが焦げたようなへんなにおいがしてきました。

 

この辺り、事故が多いのか道路上にタイヤの残骸がよく落ちていたのですが、ちょうど路肩で停まっている大型のバスを目にしたため、なんかタイヤのトラブルでもあったのかね~なんて言いながら、まだ走行を続けていました。

 

ゴムの焦げたようなにおい、まだしてきます。

 

待てよ、これデリカかも!!と(やっと)気付いた私たちはすぐに路肩に車を停めました。

まわりには何もなく、このにおいの原因が明らかにデリカだということが分かります・・・『焦げ臭い=爆発』なわたしは、一人車から離れます(ひどい 笑)

 

彼は後輪のあたりを覗き込み、ギア切り換えがうまくいってないっぽい、何かが擦れてるっぽい、といつもながら冷静です。

 

ひとまずどこか車を見てもらえるところがないか、最寄りの町を探してみます。数キロ先にレクエパンパ(Lequepampa)という小さな集落を見つけ、そこまでなんとか車を走らせることに。ハザードランプを点けて徒歩並みのスピードで進みます。

 

辺りは薄暗くなっていましたが、なんとか目的地に到着しました。

ちょうど1軒のお宅の外に人がいたので聞いてみると「多分彼が見てくれるんじゃないかなー」と、どこそこの通りを教えてくれ、早速彼がその人を訪ねに行ってくれました。

 

しばらくして彼が一人のおじさんと一緒に戻ってきます。

ありがたいことに早速車を見てくれるとのこと。車をジャッキで持ち上げ、タイヤの様子などを観察します。

しかし結局外から見た範囲では原因が分からず、一度車を下ろして再度エンジンをONに・・・すると先ほど点滅し続けていた4WDのタイヤランプが消えています。

 

あれ、直った・・・?

 

車を発進させてみますが、先ほどまでの違和感もなくスムーズです。おじさんに助手席に乗ってもらい、辺りをぐるりと走ってみても異常なしです。

 

お、おじさんありがとう!(笑)

 

このあとラパスで原因は分かるのですが、この時タイヤを手で少し回してみたことでギアが噛み合ったようでした。

おじさんに少しお金を払い、今日はこのままここに泊まることにしました。

 

・・・この時は泊まるつもりでした。

 

続きます ♪

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

コチャバンバの虫公園

コチャバンバでの滞在中、なかなか印象に残る公園を見つけました。

デリカで普通に街の中を走っている時、

 

「今、なんかいた・・・!」

 

速攻地図を見るわたし。

何かが見えた気がした方向には『Parque Escuela』エスクエラ公園・・・気になりすぎて夜も眠れません。

彼を説得し(笑)、次の日その公園に行ってみることにしました!

 

f:id:sumirett:20180905152019j:plain 

通りすがりに見えたのは、このでっかいイモムシ?の触覚でした(笑)この公園のゲートになっています。期待以上のかわいさです。。。

入場料(たしか100円くらいだったと思います)を払って中に入ってみました。

 

・・・誰もいない(笑)

 

虫たちがテーマのようで、子供が喜びそうな仕掛けはたくさんあるのに、さびれてしまっていてもったいない感じでした。

そのさびれた感じが余計にお客さんを遠ざけしまっているのでは?とか、入場料の設定に問題はないか?など2人でしばし経営について話し合ってしまいました(笑)

 

虫は嫌いなくせに、このコワかわいい感じ、個人的にかなり好きです。

 

f:id:sumirett:20180905160950j:plain

f:id:sumirett:20180911145930j:plain

 

そして忘れられないのがこの公園のトイレ。

 

わたしは謎の高熱の後、絶賛お腹壊し中だったのですが、カギを借りてこの公園内のトイレのドアを開けた瞬間!まっくろくろすけならぬ蚊の大群がぞわぁぁぁぁっと。

 

お腹の調子は最悪なので、もうお尻を蚊に刺される条件でトイレを済ませるしかなかったのですが、この頃よくまあこういう「どっちをとるか」的な究極の選択をいくつもくぐり抜けたなぁ・・・と、しみじみ思い出します(笑)

 

このあとは、ボリビア最後の都市、ラパスに向かいます!

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

虫刺され60か所、コチャバンバで発熱

ちょっと非・日常なジャングルでの滞在を終え、ブエナビスタ(ジャングルへの入り口の街)から西へ約360km、コチャバンバ(Cochabamba)へ向かいます!

 

ちょうど半分くらいまで来たところで日も落ちてきたので、通りすがりのイビルガルサマ(Ivirgarzama)という町で一泊しました。

町のはずれに広いオレンジ畑があり、人が住んでいる家々は視界に入りつつ誰~もいません。行き止まりになっている道があったので、そこに車を停めさせてもらいました。

 

ここで夜ご飯を作り、彼は2リットルペットボトルを使って水浴びまでしていました。

しかしここ、ご飯を作っている時から気になっていたのですが蚊が多い・・・!

 

ジャングルに行ったあたりから虫よけスプレーは常に使っていましたが、やっぱり刺されてしまいます。

そしてひどいことになったのは次の日。。。

朝、かゆくて目が覚めると、体中蚊に刺されてしまっていました。車の中に蚊が入ってしまっていたようです。

日本から持ってきたムヒ的な薬をひたすら塗ります。数えてみたら60か所。。。

 

その日、残り半分の距離を走りコチャバンバへ到着! 

久しぶりの大きな街です。スーパーマーケットを見つけた私たちは買い出しをすることにしました。

 

中は空調が効いていて、涼し~なんて思っていたのも束の間、なんだか体のだるさを感じるわたし。熱いような寒いような・・・節々も急に痛くなってきました。

彼にちょっと具合が悪いことを伝えて買い物は任せ、店内のベンチで休んでいました。が、なんだか高熱の予感。

 

wifiが必要だったのでその後レストランに行きますが、食欲もゼロ。

この時、体温計で測った熱は38度くらいだったと思うのですが、虫刺されのことが影響してか、なにか良くない病気に感染していて、どうにかなってしまうんじゃないかと一人どきどきし出し、日本にいる妹に彼の連絡先を伝えておいたのを覚えています。

 

この日は住宅街の中にあるプラザ(広場)で車中泊をしたのですが、熱のせいで汗びしょびしょ。とても寝苦しい夜でした。次の朝まだおかしかったら病院だな、、と思っていましたが・・・!

なぜかケロリと治っていました。熱も下がっています。

 

・・・あの猛烈な関節痛とだるさはなんだったのでしょう。今も謎ですが、思い返すと何があってもおかしくない状況だったなぁ、何事もなくて良かったなぁ、としみじみ思います。

 

この日は体調を見つつでしたが、バスターミナル内に設置されているお湯のシャワーを浴びに行き、シーツやら何やら全てクリーニングに出し、デリカはメンテナンス・洗車をして、いろいろリセット!食欲もなんとか戻り、妹にも大丈夫だったと報告しました^^;

 

ちなみに彼も同じくらい蚊に刺されまくっていますが、至って健康。そしてなぜかムヒの効果を絶賛(笑)

クリーニングの受取りもあるので、このあと数日コチャバンバに滞在します ♪

 

f:id:sumirett:20180905165010j:plain

(2017年11月)

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

ジャングルで車中泊

ジャングルの夜・・・

 

まずはシャワーです。草むらの中にワラぶき屋根の小さな小屋・・・汗でベタベタのまま寝るのと、どっちを取るか一瞬迷います。

シャワーをとったわたしは、ダダーッと走って小屋の中へ。

電気はないのでヘッドライトを傍に置きますが、壁とか周りはあまり見ないようにします。これ、重要です(笑)パイプからジョボジョボと出る水で素早く髪と体を洗い、

この日は何事もなくシャワータイムクリア!

 

次にトイレ。掃除用のブラシを置くプラスチックの台にヒビが入っています。・・・と思ったらクモーーー!!でかっ!足長っ!T T

 

気を取り直して車に戻り、最初に見ることができたのは、蛍たちのショー。

日本で見たことがあった優しい ほわ~  な光ではなく、なんかもうネオン状態!真っ暗な木の茂みがビカビカ光っています(笑)

 

この日はスライドドア、後部ドアを開け放ち、虫よけネットをセットしました。2人とも車内に入り、後部ドアのネット越しに見たものは・・・

 

大きな影。ふわりと動きます。

とまっていたのはでっっかい蛾!!ひぃぃぃぃぃ

 

彼は

「なんだ、パピヨン ド ニュイ(フランス語では “夜のチョウチョ”)じゃん。きれいじゃん。」と一言。

 

感覚的にチョウチョと一緒らしいです。なんか呼び方1つで得してるなーこの人たち!と思いました(笑)

わたしはここでもあまり周りを見ないほうがいいことを学びます。

たまに森の中からガサッという音が聞こえたりしましたが、ジャガー!!とかはありませんでした。

 

次の朝、若干の虫刺されはありましたが、大自然の中での目覚めはとても気持ちが良かったです。 

ジャガイモとチーズのパンケーキ?の朝食を済ませ、トレッキングの支度です。今日は川のほうに行ってみるとのことで、カピパラさんやもしかしたらアナコンダの可能性も!まだ諦めてません(笑)

 

しかし川、過酷でした。。。

 

靴を脱いで、太ももくらいまで浸かりながら川を渡ったり、川岸の苔の生えた大きな岩の間を通って行くのですが、滑って手をつこうとしたところにでっかいムカデ!!とか、もう避けようがないじゃん、行くしかないじゃんの連続でした。

 

彼は猫の爪のような形のトゲが生えたツルがおでこに刺さってました(笑)

 

ブヨにもいっぱい噛まれたし、頭ごと皮膚に潜り込んでくるへんな虫にも噛まれました。

 

なんだかもう脅しみたいになってますが(笑)、虫系が大丈夫なら、インディージョーンズが好きなら、満足できる場所だと思います!

わたしはやっぱり “森系” のアマゾンではなくて “川系” のアマゾンでピラニアとかワニとかアナコンダがよかったな~と思いますが、まあ良い体験でした!

もう行かないけど!(笑)

 

今では懐かしく思い出されるジャングル・・・その空気が少しでも伝われば嬉しいです^^

f:id:sumirett:20180830171500j:plain

 

ジャングル関連の記事はこちら ↓ 

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

虫、虫、虫ーーー!!!in ジャングル

こちらの写真、セミ・ジャングル トレッキングのスタート地点です(笑)

 

f:id:sumirett:20180828132742j:plain

 

この木と木の間から?・・・躊躇する間もなく冒険は始まりました。

インディージョンズのテーマ曲が、わたしの頭の中で鳴り出します(笑)

 

歩き出してすぐ、遠くから強い風のような、水のような、「ゴーォォォー  ゴーーオオォォーー」という音が聞こえてきました。ちょっと怖いくらいの深い音・・・これ、猿の鳴き声だそうで、オス同士が威嚇し合っているとのこと。

ガイドのおじさん、早速この音を頼りにグングン道を進んで行きます。

野生の猿が見られるかもしれないチャンス・・・「もう虫とかやだ」「その草の中とか絶対やばい」という心の声を封印し、頑張ってついて行きます。

 

森の中を歩く時、なるべく素手で木につかまったりしないように、と言われました。裏側に良くない虫や良くないヘビがいたりすることがあるからだそうです。

そんなことを言われても、滑ったりして確実に木を掴んでしまいそうなわたしは、100円ショップで見つけて持参していた『滑り止め付き軍手・2本指あき』を装着。そんなもの持ってきたの??と笑われても気にしません。

 

「近いぞ」

音を立てずにその場でしゃがむように指示されます。

おじさんが指をさした方を見上げると・・・

 

f:id:sumirett:20180830164705j:plain

 

き、きたぁーーーー

言ってもお猿さんなんです。動物園なんかで見たことがあるはずの。。。

でもこのドキドキ、なんでしょう。野生の迫力。木の上からこちらを見ている鮮やかなオレンジ色の猿に、すごく感動してしまいました。

このあと何匹かの猿がやってきて、こっちを見たり、木をガサガサ揺らしたり・・・しばらく彼らの行動を観察することができました。

 

そしてまた歩き出します・・・

 

土の上を何かがチラチラと動いているのが目にとまりました。

次に私たちが見たのはなんと!葉切りアリ!!!

なんだアリか、と思うかもしれませんが、わたしは大興奮 ♪♪ というのもこのアリ、若かりし頃に深夜の海外ドキュメンタリー番組で見て感動したアリたちだったのです。

葉っぱをちょきちょき切り取って、行列で巣に運んで行くアリたち。緑色の葉っぱがクルクルと地面を動いていく様子が現実にわたしの目の前に!

しゃがみこんで凝視してしまいました。こんな行動、誰に教わったんでしょう・・・本当にすごい!そしてかわいい!!

 

と、ここまでは良かったんです。

 

この後登場したのは、ありえない大きさのアリ!ハデな毛虫!ムカデ!全部でかい!

ジメジメの暑い中、草をかき分け、小川を跳び越え、おじさんが「こっちこっち!」と言う度、目に飛び込んでくるものは・・・虫!!

 

もう帰りたい・・・

 

帰ったところに待っていたのはパスタのディナー。電気なんかないので、テーブルには1本のロウソク・・・そして虫!!

 

T T

 

明日も頑張ります ♪

 

f:id:sumirett:20180830171056j:plain

 

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』