車旅 in 南アメリカ

南米でバンを購入!6ヶ月でチリ、ボリビア、ペルー、アルゼンチンを車中泊しながら巡った旅の記録です。

オーバーランダー必須アプリ

ラグーナ・チャクサで地元ドライバーさんたちに助けてもらい、再び走り出すことができました!

過去のトラブルはこちら・・・

sumiretravel.hatenablog.com

 

デリカが不安定な中、1つ大きな試練があります。次の目的地ラグーナ・コロラダへ向かう途中、チリからの入国時にまだしていなかった車の手続きをするため、カスタム(税関)に立ち寄らなくてはいけません。このボリビアのカスタム、完全にへんぴなところにあります。。。

 

今まで話を出していませんでしたが、わたしたちがこの旅で使っていた神アプリ、というかオーバーランダー必須アプリを1つ紹介します。今回のカスタムの位置情報も、毎晩のステイ場所も、全部このアプリから情報を得ていました!

 

その名は『iOverlander(アイオーバーランダー)』!道中出会うオーバーランダーたちで、これを知らない人はいないほどでした。

 

このアプリ、旅人たちが地図上に様々な情報を投稿できるもので、ガソリンスタンド、レストランはもちろん、穴場な観光スポットや危険情報も投稿されています。スマホに入っている地図アプリと連動してGPSもキャッチするため、現在地から近いキャンプスポットを探したりできるのです。

 

そんな便利アプリで見つけた今回のカスタム、アイコンは表示されていますが道がありません(笑)その場所に行ってみてどうか、の世界です!アイコンが表示されている辺りの誰もいない砂地を車で行ったり来たりしながら、最終的には「ここ?!」という道なき道を進み、やっとそれらしき建物を発見しました。

実は最初に立ち寄ったラグーナ・ブランカの近くにもカスタムがあったのですが、中に誰もいる気配がなく閉鎖してしまっているようだったのです。その後地元ドライバーの方たちから聞いた話では、スタッフの気分次第で(?!)曜日や時間に関係なく閉まっていることが普通にあるそう。なので今回中にちゃんと人がいて、無事に車の入国手続きができたことは “ラッキーだった” と言えます(笑)今回も、車の登録情報が書かれている用紙を見せ、いくつか質問を受けた後、スタンプの入った書類をもらうことができました。

 

今日中にラグーナ・コロラダまでたどり着くことができないため、一泊ワイルドキャンプ(完全に自然の中で泊まること)をすることになりました。気温の下がる夜に備えて場所選びを慎重に行わなくてはいけません。

 

この日のキャンプ・・・から、まさかのトラブル第2弾。。。については次の記事に続きます!!

f:id:sumirett:20180504220716j:plain

 

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』