車旅 in 南アメリカ

南米でバンを購入!6ヶ月でチリ、ボリビア、ペルー、アルゼンチンを車中泊しながら巡った旅の記録です。

ロードトリップのためのバンをチリで購入

車旅 in 南アメリカ を決めて最初にしたことは車を探すこと。

実際のところは、彼がインターネットを使ってオーナーを見つけ、日本車の三菱デリカをゲットしました。

そのプロセス、レンタカーとの比較 を紹介します。

利用したサイト

購入の際利用したサイトがこちら ↓↓

『Drive the America』

http://www.drivetheamericas.com/

アメリカ/中央アメリカ/南アメリカの全域で、個人的な車の売りたい/買いたい情報を検索できるサイト。サイト自体は全て英語で、利用者もイングリッシュスピーカーが多いようです。オーナーと直接のやり取りになるため、相手が話せる言語を確認してみる価値はあると思います。(私たちが同じサイトで車を売りに出したときは “日本語もOK” と表記しました。)

様々な車種が売りに出ているため、自分たちに必要な条件の事前の下調べやリストアップはしておいたほうがいいと思います。燃費や走行予定距離、万一故障の際の修理のし易さなどです。レアな車や年代の古い車を選ぶと、修理しようと思ってもパーツが手に入らなかったりします。(まして南アメリカ・・・それが原因で足止めを食らっているオーバーランダーたちもいました。)

 

購入プロセス

上記のサイトから、条件に合う車を売りに出している人を見つけ、直接コンタクトを取ります。

私たちは、アメリカ大陸縦断旅行を終えたイギリス人カップルから車を購入しました。

メールでコンディションの具体的な確認、質問、引き渡し場所や時期などをやり取りし、彼が一足先にチリに飛びました。オーナーと顔を合わせ、直接車や書類の確認をしてから支払い → 支払い完了後にオーナー変更の手続きをしてもらい、正式に私たちが所有する車となりました!

この辺の流れについては、オーナーや、車の国籍によって違ってくると思います。私たちのデリカは、カナダのナンバープレートだったため、南アメリカ各国では外車としての扱いでした。

また、同じサイト内で見つけた車の中には、オーナーが既に自国へ帰っているため、最後まで顔を合わせずに車を車庫から引き取るようなプロセスをとっているものもありました。個人的にこれはちょっと不安かな・・・と思いましたが、現地で直接交渉できる状況でない場合は、事前の意思疎通を十分に行い、トラブルのない取引きを心がけるしかないのかな、と思います。

 

気になるお値段は・・・

日本円で70万円ほどでした。

車種によってピンキリですが、デリカやワーゲンバスを改造したタイプのものは100万円以下のものが結構出ていました。これがキャンピングカーやトラックキャンパーになると、金額の上限はありません(笑)

予算については、旅の終わりに再度売りに出そうと思っている場合、いくらかは取り戻せる計算で考えてもよいと思います。わたしの「海外で車を買うなんて贅沢」という考えを覆したのもここでした。

 

レンタカーとの比較

はじめは海外で車の購入なんて大それたことを・・・と思い、レンタカーについても調べました。

結論としては、3ヶ月以上旅をするなら買ったほうがお得、だと思います。

というのも、某レンタカーサイト(キャンパー専用)で簡易見積もりをしたところ、私たちのデリカと同じような装備の車で7ヶ月120万円くらいの金額になりました。数ヶ月の予定かつ車の売買は面倒!と言うならレンタカーがもってこいですが、コスト的には購入のほうが断然お得だなと思いました(私たちはとてもラッキーなことに、購入金額と同額で車を売ることができたので尚更・・・)。

少し面倒ではありますが、売買のプロセスを自分で進める覚悟のある方は、購入を一つの選択肢にしてみてもいいと思います。

 

以上、わたしにとっては6ヶ月間の『家』だった車の購入に関する記事でした^^

 

世界最大級の海外レンタカー一括検索サイト
「レンティングカーズ」なら3ステップ簡単予約

旅行の前に口コミチェック!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』